発毛剤と育毛剤の違い

発毛と育毛の違いを理解する

発毛剤も育毛剤も髪にいい成分だからどっちを使ってもいいんじゃないか、と思っている人はいませんか?読んで字の如く、発毛と育毛では意味が違います。自分に今必要なのはどちらなのか、ちゃんと把握して使わないと意味がありません。それぞれの用途と効果を知り、正しく活用することで美しく健康な髪を手に入れましょう。

発毛とは?発毛剤の効果

髪の毛は、毛乳頭から栄養や酸素を吸収し細胞分裂することで増えますが、毛乳頭に十分な栄養が行き届かなくなるとヘアサイクルが乱れ、育ちきっていない毛髪が抜けてしまいます。発毛とは、脱毛してしまった髪の毛を生やすことです。毛乳頭の周りにある毛母細胞を活性化させ血流を活発にし毛乳頭に栄養を届ける手助けをしてくれるのが発毛剤です。

健康な髪を育てる育毛

髪の毛は成長期・退行期・休止期をへて自然に抜け落ちます。ストレスやホルモンバランスの乱れ、間違ったシャンプーは頭皮に負担がかかります。髪の毛が健康に育たず細くなり、髪の毛が減ったと感じる人もいるようです。今ある毛髪に働きかけ、寿命より早く抜け落ちることがないよう頭皮環境を整え髪の毛の健康を保つのが育毛剤です。

発毛剤と育毛剤を正しく使い分ける

脱毛状態で育毛剤を使っても効果は期待できそうにありません。髪の毛を生やす目的なら発毛剤、産毛や細くても生えている毛髪を太くしたり丈夫するためには育毛剤が適しているようです。脱毛の原因や髪が生える仕組みを理解することはとても大事で、自分に必要なものを適切に使うことが健康な毛髪を手に入れるカギとなってきます。

健康な毛髪を手に入れるために必要なこと

やみくもに使って効果がでないとなげいている人が案外多いようです。それぞれの特徴と効果を理解すれば、自分に必要なのがどちらなのか自然とわかるはずですね。発毛も育毛も一日にしてならず。毎日コツコツと続けることが大切です。無駄な時間を過ごしている暇はありません。正しく理解して使いわけ、健康な毛髪を手に入れましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ